- Blog記事一覧 - 自律神経失調症の記事一覧

自律神経失調症の記事一覧

「自律神経失調症で悩んでた患者さんから嬉しい報告!」

2018.11.16 | Category: 自律神経失調症

こんにちは☀

〈久留米市役所から徒歩5分、最寄駅JR久留米駅〉

真の健康を世界へ広める、自律神経の魔術師!

【M式テクニック】専門整骨院
らいふ整骨院  院長の乗冨拓也です

 

~自律神経について~

自律神経の乱れは様々な症状を引き起こします。

自律神経失調症、起立性調節障害(OD)、腰痛、肩こり、頭痛、倦怠感、耳鳴り、生理不順、めまい、不眠、不安感、焦燥感など・・・

そのほとんどの原因は「姿勢」が関係しています。

姿勢が悪いということは背骨の歪み、頭部の位置も悪くなり、自律神経の機能まで低下し乱れてしまいます。

●朝、起きるのがつらい
●寝つきが悪い
●日頃から肩こりや腰痛の症状が続き、治ることがない
●ちゃんと寝ているのに寝不足のような感覚がのこる
このようなことがあれば自律神経が乱れています。あなたの自律神経はどうですか?


「自律神経失調症で悩んでた患者さんから嬉しい報告!」

 

当院に通院されている患者さんからの嬉しい声をいただきました。

 

2ヶ月前から、週に一回通院されている患者さん。

 

通院する3ヶ月前に、突然原因不明の体調不良になり、

 

病院で検査するも異常が見つからず、

心療内科も紹介され薬を飲んでも

改善されないため、当院に来院されました。

 

 

偏頭痛や車の運転時に症状が出るため、

少しの距離でも休憩しながらでしか

運転が出来ず

 

日常生活にも、仕事にも支障がでて

悩まれていました。

 

 

通院されて2ヶ月経った今、

「偏頭痛も、運転時の症状も全くなくなりました」

と嬉しい報告。

 

 

痛みや症状が取れても治ったわけではなく

原因をしっかり治して

健康な体、痛みや症状の出にくい体に戻すため

まだまだ治療が必要ですが、つらい症状が取れただけでも患者さんは楽になります。

 

 

これは、患者さんの頑張りがあったからこその結果でもあります。

 

 

 

痛みや症状は結果であり原因ではない

 

当院では、痛みや症状に対して施術するのではなく

 

身体の構造(姿勢)と機能(神経、筋肉、内臓)を整える

 

この事だけに、集中して施術しています。

 

 

今回の患者さんも、お薬などいろいろ試しても良くならなかったのですが、

 

身体の構造と機能が整う事で、

ヒト本来の正常の体に戻ることで、痛みや症状を治す力“自然治癒力”が最大限に引き出すことが出来る体になります。

 

治らない体から『治せる体』になることが重要なのです。

 

 

明日も自律神経失調症の新患さんが来院されるので、

しっかりと向き合い、最短最速で健康に導けるように最善を尽くしていきたいと思います!

 

自律神経失調症でお悩みの方はお気軽にご連絡ください!


現在も、東京のせたがや整骨院にて、『患者の健康と生命を第一とする』理念のもと、同じ志を持った先生方と毎月一度研修会で学ばさせてもらっています。

より正確な検査、高い技術も勿論ですが、どこにも行ってもよくならない、本当に困っている患者さんの力になりたいと想っています!

そんな患者さんを喜ばせていきたいと思うと共に、

家族や周りにいる人々、そして自分自身もハッピーになれるよう取り組んでいきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました☺

___________________________________

治療理念

【患者の健康と生命を第一とする】

___________________________________

頭痛・不眠・自律神経症・肩こり・腰痛・スポーツ

交通事故治療

子ども整体・姿勢改善

____________________________________

らいふ整骨院【M式テクニック専門院】
福岡県久留米市中央町35-1
0942-91-2206

「心の問題ではない!自律神経失調症」

2018.10.22 | Category: 自律神経,自律神経失調症

こんにちは☀

〈久留米市役所から徒歩5分、最寄駅JR久留米駅〉

真の健康を世界へ広める、自律神経の魔術師!

【M式テクニック】専門整骨院
らいふ整骨院  院長の乗冨拓也です

 

~自律神経について~

自律神経の乱れは様々な症状を引き起こします。

自律神経失調症、起立性調節障害(OD)、腰痛、肩こり、頭痛、倦怠感、耳鳴り、生理不順、めまい、不眠、不安感、焦燥感など・・・

そのほとんどの原因は「姿勢」が関係しています。

姿勢が悪いということは背骨の歪み、頭部の位置も悪くなり、自律神経の機能まで低下し乱れてしまいます。

●朝、起きるのがつらい
●寝つきが悪い
●日頃から肩こりや腰痛の症状が続き、治ることがない
●ちゃんと寝ているのに寝不足のような感覚がのこる
このようなことがあれば自律神経が乱れています。あなたの自律神経はどうですか?


「心の問題ではない!自律神経失調症」

 

自律神経失調症の患者さんは、

ざまざまな症状や体調不良を感じているにもかかわらず

病院を受診するも検査では「異常なし」

 

 

しばらくして、やっぱり症状や体調不良がよくならず

再度、病院に行って、検査するも「異常なし」

 

 

体に異常が診られないため精神的な問題と言われ

心療内科や精神科を紹介されることも少なくありません。

 

 

最近眠れていない、朝起きても疲れが取れない、

車の運転をするとウトウトしたり、フラフラして長い時間運転できない、

頭痛、めまいなど

 

 

これらの体の不調があっても、

自律神経の異常は、病院の検査では見つかりにくく

『心の問題』として扱われることがあります。

 

 

 

そのため、心療内科や精神科に行けば

投薬治療がメインとなるため、睡眠薬や精神安定剤など

処方されます。

 

 

でも、考えてみてください。

 

 

頭痛薬であれば、頭痛を抑える

痛み止めであれば、痛みを抑える

睡眠薬であれば、眠れるようにする

精神安定剤では、気持ちを落ち着かせる

 

 

薬は、一時的に症状は抑えられるかもしれません。

しかし、薬が切れたらどうですか?

 

 

また、症状が出てきますよね?

 

 

残念ながら薬は治すものではありません。

逆に治しづらい体になっていきます。

 

 

 

その証拠に薬が効かなくなれば

量を増やしたり、強い薬に変ります。

 

 

 

自律神経失調症は心の問題ではなく、身体の問題

 

 

自律神経失調症は、神経の機能低下によって起こるものです。

病院の検査では、神経の異常は見つかりにくく、

原因がはっきり検査に出ないため、現在の西洋医学では異常なしと言われることが多いです。

 

 

しかし、実は自律神経失調症で悩んでいる多くの人が共通していること一つがあります

 

 

それは・・・

「姿勢が悪い」

ということです。

 

姿勢(背骨の歪み)が悪ければ、頭部の位置も悪くなり、

神経が締め付けられることによって機能が低下

結果、様々な症状を引き起こしてしまう体になってしまうのです。

 

 

自律神経失調症の根本的な原因は姿勢(背骨の構造)の歪みになります。

 

自律神経の機能低下には、脳をはじめとする

内臓機能や血液循環、睡眠に大きな影響を与えます。

その影響によって多くの方が悩んでいます。そして苦しんでいます。

 

 

 

自律神経失調症になる前には小さなサインがあります

このサインに気づけるかどうかが大切です

  • ◆朝起きてもスッキリしない
  • ◆寝つきが悪い
  • ◆平日6時間以下の睡眠
  • ◆昼間ウトウトすることがある
  • ◆夜中に最低1回は起きる
  • ◆便秘気味

 

 

現代において自律神経による症状や不調は多くなってきています。

自律神経の問題は決して心の問題だけではないということです。

原因不明の不調で学校に行けない子どもたちや仕事や日常の生活もつらい大人の方も世の中にはたくさんいます。

そこまでになる前に体は必ず何かしらのサイン(肩こりや腰痛、朝スッキリ起きれない、寝つきが悪いなど)を出しているはずです。

ちょっとした心がけで防げることもありますので人生100年時代、健康を自分で作っていかなければいけない時代です。

当院では一人でも多く、真の健康に導けるよう

体への意識を少しでも向けられたらと思います!

 


現在も、東京のせたがや整骨院にて、『患者の健康と生命を第一とする』理念のもと、同じ志を持った先生方と毎月一度研修会で学ばさせてもらっています。

より正確な検査、高い技術も勿論ですが、どこにも行ってもよくならない、本当に困っている患者さんの力になりたいと想っています!

そんな患者さんを喜ばせていきたいと思うと共に、

家族や周りにいる人々、そして自分自身もハッピーになれるよう取り組んでいきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました☺

___________________________________

治療理念

【患者の健康と生命を第一とする】

___________________________________

頭痛・不眠・自律神経症・肩こり・腰痛・スポーツ

交通事故治療

子ども整体・姿勢改善

____________________________________

らいふ整骨院【M式テクニック専門院】
福岡県久留米市中央町35-1
0942-91-2206

「天気の変化でおきる気象病」

2018.09.26 | Category: 自律神経,自律神経失調症,起立性調節障害,頭痛

こんにちは☀

〈久留米市役所から徒歩5分、最寄駅JR久留米駅〉

真の健康を世界へ広める、自律神経の魔術師!

【M式テクニック】専門整骨院
らいふ整骨院  院長の乗冨拓也です

 

~自律神経について~

自律神経の乱れは様々な症状を引き起こします。

自律神経失調症、起立性調節障害(OD)、腰痛、肩こり、頭痛、倦怠感、耳鳴り、生理不順、めまい、不眠、不安感、焦燥感など・・・

そのほとんどの原因は「姿勢」が関係しています。

姿勢が悪いということは背骨の歪み、頭部の位置も悪くなり、自律神経の機能まで低下し乱れてしまいます。

●朝、起きるのがつらい
●寝つきが悪い
●日頃から肩こりや腰痛の症状が続き、治ることがない
●ちゃんと寝ているのに寝不足のような感覚がのこる
このようなことがあれば自律神経が乱れています。あなたの自律神経はどうですか?


「天気の変化でおきる気象病」

TOP

 

雨が降りそうになると、

頭が痛くなったり関節が痛くなったり、

台風や季節の変わり目に体調不良や、めまいを感じたりしたことありませんか?

 

 

 

天気の変化で不調を感じやすい人は、「気象病」かもしれません。

普段から、頭痛、イライラ、不眠、長年の肩こり、腰痛など

自律神経が乱れが起きやすい人は特に注意が必要です。

 

 

天気の変化で起こる体の不調の総称を「気象病」と言いますが、

大きく分けて2つに分けられます。

 

 

一つはめまい、肩こり、イライラといった不定愁訴です。

西洋医学の検査をしても原因が見つからないことが多く、

自律神経が乱れが起きている人に症状が出やすい

 

 

またもう一つは片頭痛や関節痛など、

持病が悪化するパターンです。

気象病の中でも、

これら痛みを伴うものは特に「天気痛」とも呼ばれています。

 

 

天気が悪いとなぜ体調が悪くなるのか?

 

 

今年は特に台風が多く頻発しており、

この「気象病」は台風などの天気によって症状や体調が左右される患者さんは少なくありません。

 

どうして天気が崩れたり台風が来ると体調を崩しやすいのかと言うと、

 

気圧の変動に合わせて体内環境もそれに合わせるように変化するのですが、

 

それにうまく対応できず、

血液の循環器系に異常が起こり、

頭痛などの体調不良が起きると言われています。

 

 

なぜ体内環境が気圧に対応できないのかと言うと、

体内環境を支配している自律神経に問題があることがほとんどなのです。

 

 

自律神経は自分の意思とは無関係に働いており、

血圧や内分泌(ホルモン)消化、呼吸、心拍といった

自分では意識してコントロールできない働きを調節している神経です。

 

 

自律神経が機能低下する(乱れる)原因とは?

 

 

神経の機能が低下する原因は、

姿勢」が大きく関わってきます。

 

 

姿勢が悪ければ、

特に頸椎(首の骨)の歪みによって

神経や血管が締め付けられた状態となり

機能の低下が引き起こされます。

 

 

また、神経機能の低下が続くことにより

睡眠時間を充分に取っていても深い睡眠が出来なかったり、

運動しても体に無理がかかるため、怪我するリスクが増え、

日常的な疲れやストレスを解消できなくなってきます。

 

 

気象病と言われていますが、

本当の問題は自律神経の機能低下による循環器調節の異常です。

 

 

 

当院に通院されている、

自律神経失調症の患者さんも

来院される前には、季節の変わり目や

気圧の変化にすぐに適応できず体調不良によくなっている方が多くいました。

 

 

自律神経の機能を回復させるには、

身体の構造を整える

身体の機能を回復し、正常に働かせることが重要です。

 


現在も、東京のせたがや整骨院にて、『患者の健康と生命を第一とする』理念のもと、同じ志を持った先生方と毎月一度研修会で学ばさせてもらっています。

より正確な検査、高い技術も勿論ですが、どこにも行ってもよくならない、本当に困っている患者さんの力になりたいと想っています!

そんな患者さんを喜ばせていきたいと思うと共に、

家族や周りにいる人々、そして自分自身もハッピーになれるよう取り組んでいきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました☺

___________________________________

治療理念

【患者の健康と生命を第一とする】

___________________________________

頭痛・不眠・自律神経症・肩こり・腰痛・スポーツ

交通事故治療

子ども整体・姿勢改善

____________________________________

らいふ整骨院【M式テクニック専門院】
福岡県久留米市中央町35-1
0942-91-2206

「画像検査では異常が見つかりにくい起立性調節障害」

2018.09.18 | Category: 姿勢,子ども,自律神経,自律神経失調症,起立性調節障害,頭痛

こんにちは☀

真の健康を世界へ広める、福岡県久留米市の整骨院
あなたの人生に魔法をかける、自律神経の魔術師!

らいふ整骨院、院長の乗冨です!

~自律神経について~

自律神経の乱れは様々な症状を引き起こします。

自律神経失調症、起立性調節障害(OD)、腰痛、肩こり、頭痛、倦怠感、耳鳴り、生理不順、めまい、不眠、不安感、焦燥感など・・・

そのほとんどの原因は「姿勢」が関係しています。

姿勢が悪いということは背骨の歪み、頭部の位置も悪くなり、自律神経の機能まで低下し乱れてしまいます。

●朝、起きるのがつらい
●寝つきが悪い
●日頃から肩こりや腰痛の症状が続き、治ることがない
●ちゃんと寝ているのに寝不足のような感覚がのこる
このようなことがあれば自律神経が乱れています。あなたの自律神経はどうですか?


本日は、頭痛、起立性調節障害に悩む中学生の新患さんが2件。

 

朝起きれなくて学校に週に1回しか通えない子、

毎朝、頭痛に悩まされて無理して学校に行っている子、

 

 

問診をしていくと、

共通して

「画像検査では異常がない」

「医師からは環境の変化やストレスが問題なのではないか」

 

 

そんなことを言われていました。

 

 

今回の新患さん以外にも通院する

子どもたちは、

同じようなことを言われて、

当院を受診されるケースがほとんどです。

 

 

「画像検査では異常が見つかりにくい起立性調節障害」

 

 

頭痛や起立性調節障害はレントゲンやMRI、CTなど

画像検査では異常が見つかりにくく、

 

 

 

「心の問題」なのではないかと誤解を受けるケースも少なくはありません。

 

 

ストレスが問題なのでは?

環境が変ったからでは?

 

 

そんなことを言われたりもしますが、

同じような境遇にいれば、多くの子どもたちが同じような悩みを抱えているはずです。

 

 

 

しかし、同じような境遇にいても、

起立性調節障害の症状が出る子と

全くでない子どももいます。

 

 

また、起立性調節障害は成長期に起こりやすいと言われていますが

そうなのであれば、同じく多くの子どもたちが同じような悩みを抱えているはずです。

 

しかし、有病率は軽症例を含めると、小学生の約5%、中学生の約10%。重症は約1%

 

 

 

自律神経の異常は画像検査では見つかりにくい

 

 

 

起立性調節障害(OD)とは、思春期に起こりやすい自律神経機能不全のことを言います。

自律神経系の異常で循環器系の調節がうまくいかなくなる疾患。

立ち上がった時に血圧が低下したり、心拍数が上がり過ぎたり、調節に時間がかかりすぎたりします。

 

 

 

身体的要因のひとつとして、自律神経の機能が低下すること。

小学校~中学生に多くみられますが、この時期は成長期とも重なり、

 

 

 

体の様々な機能が大人へと変化していく時期でもあります。

この変化は神経機能にも起こるため、循環器系の調節がうまくいかなくなることがあります。

 

 

 

具体的な症状としては、

○立ちくらみや失神、

○朝起きられない、

○倦怠感(だるさ)や

○動悸、頭痛

 

などといったものがあります。

 

 

 

注意しなければいけないのは、あくまでも体の病気であり、本人が頑張ればどうにかなるということではありません。

 

 

周りの理解が必要になります。

 

起立性調節障害の典型的な症状は、「立ちくらみ」「疲れやすい」「長時間立っていられない」などです。

また、朝起きられないことから、不登校になる割合も多いです。

 

 

 

 

起立性調節障害の原因とは?

 

 

 

実は起立性調節障害で悩んでいる子どもたちの多くが共通していること、

それは・・・「姿勢が悪い」ということです。

 

 

 

 

起立性調節障害の本当のメカニズムは神経機能の低下であり、

その根本的な原因は姿勢(背骨の構造)の歪みになります。

 

 

 

自律神経系の問題は病院の検査だけでは異常が見つかることは少ないです。

 

しかし実際には多くの子どもたちが悩んでいます。

 

 

そして起立性調節障害や頭痛に対しての治療は、

画像検査での異常が見つからないこともあり

投薬治療が先行されますが、

 

 

 

あくまでも対処療法にしか過ぎません。

ただ、今出ている症状を抑えているだけです。

 

 

本当に重要なことは、

根本的な原因を解消すること。

 

 

 

痛みや症状は結果であり原因ではない

 

 

 

根本的な原因を解決することが、

そんな子どもたちを一人でも多く救済できるただひとつの方法です。

 

 

今回の新患の中学生も早く元気なってもらえるように

全力で最善を尽くしていきます!

 


現在も、東京のせたがや整骨院にて、『患者の健康と生命を第一とする』理念のもと、同じ志を持った先生方と毎月一度研修会で学ばさせてもらっています。

より正確な検査、高い技術も勿論ですが、どこにも行ってもよくならない、本当に困っている患者さんの力になりたいと想っています!

そんな患者さんを喜ばせていきたいと思うと共に、

家族や周りにいる人々、そして自分自身もハッピーになれるよう取り組んでいきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました☺

___________________________________

治療理念

【患者の健康と生命を第一とする】

___________________________________

頭痛・不眠・自律神経症・肩こり・腰痛・スポーツ

交通事故治療

子ども整体・姿勢改善

____________________________________

らいふ整骨院
福岡県久留米市中央町35-1
0942-91-2206

「自律神経失調症のチェック方法」

2018.09.05 | Category: 自律神経,自律神経失調症,起立性調節障害,頭痛

おはようございます☀

真の健康を世界へ広める、福岡県久留米市の整骨院
あなたの人生に魔法をかける、自律神経の魔術師!

らいふ整骨院、院長の乗冨です!

~自律神経について~

自律神経の乱れは様々な症状を引き起こします。

自律神経失調症、起立性調節障害(OD)、腰痛、肩こり、頭痛、倦怠感、耳鳴り、生理不順、めまい、不眠、不安感、焦燥感など・・・

そのほとんどの原因は「姿勢」が関係しています。

姿勢が悪いということは背骨の歪み、頭部の位置も悪くなり、自律神経の機能まで低下し乱れてしまいます。

●朝、起きるのがつらい
●寝つきが悪い
●日頃から肩こりや腰痛の症状が続き、治ることがない
●ちゃんと寝ているのに寝不足のような感覚がのこる
このようなことがあれば自律神経が乱れています。あなたの自律神経はどうですか?


「自律神経失調症のチェック方法」

 

 

 

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、自律神経の乱れにより調節・制御機能の働きが低下することによって、

様々な症状が引き起こされる疾患です。

 

代表的な体の症状としては以下のようなものがあります。

この症状のうち、いくつかが同時に出現したり、

ある症状が別々に症状が出たりなど、複雑な症状が見られることもあります。

 

  • 朝起きられない、寝つきが悪い
  • 頭がふらつく、ふわふわする、頭が重い、ズキズキする
  • 体温調節の異常(極度な発汗、手足の冷え性など)
  • 睡眠(夜眠れない、日中眠いなど)
  • 耳鳴り、耳が詰まった感じ
  • 動悸、息切れ、呼吸が浅い(息を吸い込めない感じ、空気が足りない感じ)
  • 便通が悪い(便秘)
  • 首や肩こり、腰痛、しびれ
  • 体が重い、だるい、意欲の低下など

 

 

 

そもそも自律神経とは

簡単に言うと、身体の健康を維持する、生命を維持する神経で、

自分の意思とは関係なくコントロール(制御)できない神経です。
(心拍、体温調整、内臓の働き、呼吸、血液循環…その他色々)

 

 

 

自律神経のチェック項目

1常に寝不足感がある

2夜にしっかり寝ていても、昼間ウトウトすることが多い

3寝つきが悪い(お酒、薬を飲まないと眠れない)

4夜中に目が覚める

5仕事や家事で時間に追われている

6すぐ眠くなったり、なかなかやる気がおきない

7集中力がすぐに切れる

8食欲がない、もしくは過食

9疲れがとれない

10異常なほど汗をかく

11長年の腰痛、肩こりがある

 

 

これにいくつか当てはまる方は自律神経が乱れている可能性があります。

 

 

自律神経が乱れてしまう原因として、

 

実は共通していることがあります。

 

 

それは、「姿勢が悪い」ということです。

 

 

 

痛みや症状は結果であり原因ではない

 

 

 

自律神経失調症や原因不明の体調不良と

「姿勢」が大きく関わっていることは

あまり知られていません。

 

 

自律神経の治療には、一般的には

投薬治療が選択されることが多いですが

それはあくまで対処療法であり、

症状を抑えていることにしかなりません

 

 

根本的に治していくのであれば、

体の中を変えていかなければ治りません

 

 

 

構造と機能を整える

 

 

 

筋肉をモミモミしたり

ストレッチングしたり

電気をかけたり

お薬を飲んで症状がおさまれば

治った気になる

 

 

 

本当に大事なことは、根本から体を改善していくことです

 

 

「触って分かった」とか

「痛みをとって治した」とか

言われていませんか?

 

 

 

そんなことを続けていることで、

その場は一時的に良かったとしても

体を壊していることに早く気づいてください

 

 

 

治すのは、医師でも治療家のチカラではありません。

 

患者さん、自分自身の体のチカラです!

 

そのチカラを最大限に引き出す、

そして健康な体へと導くのが、

私たちの役目です。

 

 

自律神経の乱れは様々な症状を引き起こします。

自律神経失調症、起立性調節障害(OD)、腰痛、肩こり、頭痛、倦怠感、耳鳴り、生理不順、めまい、不眠、不安感、焦燥感など・・・

 

 

必ず体からサインが出ています!

体が悪くなる前に、早めの治療をしてください!

 


現在も、東京のせたがや整骨院にて、『患者の健康と生命を第一とする』理念のもと、同じ志を持った先生方と毎月一度研修会で学ばさせてもらっています。

より正確な検査、高い技術も勿論ですが、どこにも行ってもよくならない、本当に困っている患者さんの力になりたいと想っています!

そんな患者さんを喜ばせていきたいと思うと共に、

家族や周りにいる人々、そして自分自身もハッピーになれるよう取り組んでいきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました☺

___________________________________

治療理念

【患者の健康と生命を第一とする】

___________________________________

頭痛・不眠・自律神経症・肩こり・腰痛・スポーツ

交通事故治療

子ども整体・姿勢改善

____________________________________

らいふ整骨院
福岡県久留米市中央町35-1
0942-91-2206

アクセス情報

所在地

〒830-0023
福岡県久留米市中央町35-1 あきない通り西原1F

駐車場

2台あり
※満車の場合は近くのコインパーキングをご利用ください
(クルメパークに停めて頂くと料金一部負担します)

休診日

日曜・祝祭日・水曜午後

予約について

当院は予約優先制となっております。
初めての方はご予約が必要です。