- Blog記事一覧 - 2018 6月の記事一覧

2018 6月の記事一覧

6/30(土)は12時までの診療です

2018.06.30 | Category: お知らせ

勉強会に参加のため、12時までとなります。

お間違えのないよう、宜しくお願い致します!

「自律神経 の影響」久留米市中央町、らいふ整骨院

2018.06.14 | Category: 自律神経,自律神経失調症,起立性調節障害

こんにちは,らいふ整骨院です。

梅雨に入り、嫌~なジメジメとした天気が続きますね。
早く梅雨が明けてほしいです。

みなさんは、天気が悪いと頭が痛くなったり、体が重くだるくなったりなどした事はありませんか?

とくにこの時期、自律神経の不調がある方は感じやすいかと思います。当院に来院されている患者さんでもこの時期は調子がいまいちだったり、症状がいつもより強く出たりとつらいときです。

そこで、今回は自律神経の事について書いていきます。

自律神経とは?

まずは神経の全体像から。

神経には、大きく分けると中枢神経と末梢神経があります。

中枢神経は脳や脊髄に通っており、全神経のコントロールセンターとして機能しています。(空港で言う管制塔ですね)

末梢神経は、脳と脊髄から枝分かれして全身に広がっている神経です。その末梢神経には今回の主役である「自律神経」があります。

自律神経は簡単に言えば私達の意思とは関係ないところで、体を健全に保つために働く神経です。

例えば、呼吸や血圧、体温、発汗、心拍、ホルモンの分泌量、消化、内臓の活動など
消化器、循環器、呼吸器の生命活動のほとんどに自律神経が関わってきます。

 

そして、自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ、
交感神経は緊張したり、活動するしている時に働く神経で、
副交感神経はリラックスしたり休憩している時などに働く神経です。

自律神経が乱れるとは?

この2種類の交感神経と副交感神経をON/OFFとスイッチのように上手く切り替えることで、人の体は活動したり、休んだりできる体になっているんですね。
しかし、この切り替えが上手く出来なくなっていたり自律神経が疲労していたりすると
休みたい時にでも身体が緊張してリラックス出来なかったり、活発に活動したいのに意欲が低下したり眠くなったりします。昼間にウトウトしてしまうのもそうですね。

 

これに1つでも当てはまる人は自律神経が疲れている、もしくは乱れています。

  • ◆朝起きてもスッキリしない
  • ◆寝つきが悪い
  • ◆平日6時間以下の睡眠
  • ◆昼間ウトウトすることがある
  • ◆夜中に最低1回は起きる
  • ◆便秘気味
  • ◆寝る前にスマホを見ている
  • ◆熱めのお風呂に入らないと気がすまない
  • ◆またはシャワーのみ

自律神経の乱れとは交感神経と副交感神経のバランスが崩れていること

ポイントとしては、一方の神経が優位になっているときは、もう一方の神経の働きは抑えられるという互いに相反する働きで独特のバランスで働いているということです。

自律神経の乱れとは2つの神経のバランスが悪くなった状態のことを指しています。

 

自律神経が乱れると、どのような影響が体にあるの?

自律神経の症状は人によって様々ですが、主に「肉体的症状」と「精神的症状」があり、同時にいくつもの症状があらわれたり、日によっては出たりでなかったりもしくは症状の強弱もあります。また体の部位によっては症状が変わったりするといった特徴があります。

【肉体症状】

  • ・吐き気
  • ・頭痛
  • ・微熱
  • ・立ちくらみ
  • ・倦怠感
  • ・冷や汗
  • ・耳鳴り
  • ・生理不順
  • ・めまい
  • ・不眠症
  • ・動悸
  • ・激しい血圧変動など

【精神的症状】

  • ・不安感
  • ・情緒不安定
  • ・パニック障害
  • ・うつ状態
  • ・焦燥感など

 

 

自律神経が乱れる原因は?

ネットなど多くは自律神経が乱れる原因は「ストレス」と書いてあるところがほとんどです。

病院に行かれても「ストレスが原因ですね」と言われることも多いかと思います。

しかし、「ストレス」と一言で言ってしまっていいのでしょうか?

勿論「ストレス」は間違いではないです、

現代に生きる私たちは、生活環境が昔と豊かになっても健康への不安や将来への心配事、仕事に人づきあいのトラブルなど強すぎるストレスを生み出す原因は事欠きません。

また不規則な生活も問題ですよね。夜更かしていたり昼まで寝ている、不規則な時間に食事するといった生活は自律神経の乱れに影響します。

基本的には交感神経は昼間に優位になり、副交感神経は体が休息状態に向かう夜間や食事の際に優位になるというリズムがあります。生活が不規則になると自律神経が乱れてしまうのです。

 

でも、人間の体は本来「ストレス」を溜め込まず解消するように出来ています。

いつ解消するのか?

それは睡眠です。

 

私は寝ているから大丈夫!と思われている方もいると思いますが・・・

平日6時間以下の睡眠になっていませんか?

夜中、目が覚めたりトイレで起きることはありませんか?

寝つきが悪いからといってお酒を飲んで寝ていませんか?

このようなことがあると睡眠が浅くなっている証拠です。しっかり寝たとしても睡眠が浅ければ、本来ストレスを解消出来るにもかかわらず溜め込んでしまっている状態になっています。

 

睡眠は脳や身体の疲れを取るだけでなく、ストレスの解消、細胞の修復、再生をする時間です。

睡眠が浅くなっているのであれば、これらの働きは不十分になり、翌日に持ち越してしまいます。

これを繰り返していくうちに、ストレスが段々溜まり自律神経の乱れ大きくなり体に症状として現れてきます。

 

 

では、睡眠を浅くしてしまっている根本的な原因とはなんだと思いますか?

 

それは当院でも良くお伝えしている、

『姿勢』です。

ここで言う『姿勢』とは、体の構造を指します。(姿勢=体の構造)

 

姿勢が悪ければ、自律神経の乱れを引き起こし、睡眠が浅くなります。

また、姿勢の歪みは自律神経の乱れを引き起こすので筋肉の緊張にも繋がり肩こりや腰痛にも。

他には自律神経失調症や子どもであれば起立性調節障害などにも。

自律神経を整えるコツ

◆食事編

☆鶏の胸肉を食べる

鶏の胸肉には疲労回復効果が実証された“イミダペプチド”という抗疲労成分が豊富に含まれています。

この成分、実は「渡り鳥がなぜ休まずに飛び続けることが出来るのか」という研究から発見されたそうです。

☆朝食をとって体のリズムを整える

空腹状態を体が強く感じると命の危機感を感じ、交感神経が興奮して疲れてしまいます。この“飢餓状態”を防ぐ為にも特に朝食をとりましょう。

◆睡眠編

☆寝酒はしない

寝つきが悪く、寝つきが良くなるからお酒を飲んで寝る人もいますが、寝酒は逆効果。

お酒の力で寝たつもりでも、それはただ酔って倒れこんで寝ていることと同じです。また、アルコールが分解されているときには交感神経が刺激されるため睡眠が浅くなり疲れが溜まっていきますので要注意。

☆睡眠は6時間以上とる

睡眠不足が日常化すると疲労がどんどん蓄積されていきます。睡眠には浅い眠りの「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」があり一定の周期で切り替わっています。

深い眠りが一度の睡眠で3~4回あるのが理想とされる為、6時間以上しっかりとる事で自律神経も体も回復できます。

◆運動編

☆軽い運動を習慣にする

日常的に行うのなら負荷の軽い運動を心がけましょう。散歩や簡単なヨガなど息切れしない汗をかいてもじんわり程度の運動でOK。おすすめは朝に30分ウォーキングすることをおすすめします。

☆仕事帰りのハードな運動はしない

健康のためにと思って仕事帰りにジムに行ってハードな運動はNGです。仕事の後には頭と体力を使い自分自身で感じている以上に自律神経は疲れきっています。そこに追い討ちをかけるように激しい運動をすることによって自律神経をまたフル稼働しまうため乱れの原因に。運動した後はスッキリするかもしれませんがそれは一時的です。

◆生活習慣編

☆お風呂はぬるめの湯船で5~10分浸かる

自律神経が乱れていると熱い湯船に入らないと気が済まなくなります。ですが熱いお湯に入ると、返って交感神経を刺激し、疲れが溜まり回復できない結果に。

ぬるま湯でゆっくりリラックスしながら毎日浸かりましょう。

 

まとめ

  • ◆自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが大切
  • ◆自律神経を回復させるには「睡眠」が大事
  • ◆日常生活のちょっとした工夫で自律神経を整えるための心がけを

 

現代において自律神経による症状や不調は多くなってきています。原因不明の不調で学校に行けない子どもたちや仕事や日常の生活もつらい大人の方も世の中にはたくさんいます。そこまでになる前に体は必ず何かしらのサイン(肩こりや腰痛、朝スッキリ起きれない、寝つきが悪いなど)を出しているはずです。ちょっとした心がけで防げることもありますので人生100年時代、健康を自分で作っていかなければいけない時代です。当院では一人でも多く健康に導けるようこのブログを読んでいただき健康への意識を少しでも向けられたらと思います。ぜひ参考にしてください。

6/2(土)は勉強会のため12時までの診療です。

2018.06.02 | Category: お知らせ

来週からは通常通りの診療となります。

アクセス情報

所在地

〒830-0023
福岡県久留米市中央町35-1 あきない通り西原1F

駐車場

2台あり
※満車の場合は近くのコインパーキングをご利用ください
(クルメパークに停めて頂くと料金一部負担します)

休診日

日曜・祝祭日・水曜午後

予約について

当院は予約優先制となっております。
初めての方はご予約が必要です。